【閲覧注意】ヘリウムが原因でiPhoneが使えない?iPhone故障事例

スポンサー広告




iPhoneが使えなくなる?急に携帯の電源が切れました

先月の初めごろに某医療機器メーカー作業員が病院にMRI装置を納入している最中にiPhoneが相次いで電源が切れてしまうという事案が発生しました。電源が切れてしまったのは全てAppleの携帯電話iPhoneでしかも壊れてしまった機種はどれもiPhone8~iPhoneXまでの間の機種ということでした。

 

突然電源が切れて入らなくなる

このiPhoneを使っていたら急に電源が切れて画面が暗くなり、その後、電源が入らなくなってしまったという現象は日本各地で起きました。

 

これは一部の病院関係者と医療機器を取り扱っている医療機器メーカー、工場関係者にしか起きていない現象なので大きなニュースにはなっていませんが、iPhone使用者からしてみれば非常に大きな問題です。

 

実際に私の周りでもiPhoneのユーザーは非常に多く、最新のiPhoneXSもカメラ性能などが格段に向上していてiPhoneユーザーとしては是非購入したいと考えていたのですが、この騒動をきっかけに購入を躊躇していました。

 

電源が入らなくなる機種

今回のような事案がありましたが、iPhone全てが電源が入らなくなるわけではなくて、ある機種から先のシリーズでそういう現象が起きるようになりました

 

電源が入らなくなるシリーズ
・iPhone8
・iPhone8 plus
・iPhoneX
・iPhoneXR
・iPhoneXS

 

電源が入らなくなる原因とは

これらの機種に共通するのは置くだけで充電することができるワイヤレス充電に対応している機種であるという点です

 

置くだけで充電できるこのシステムは非常に便利で今後はワイヤレス充電が可能な機種が主流になってくると言われているほど最新の機種には多く組み込まれています

 

 

仕組みはワイヤレス充電器の「送電側コイル」が、スマホに内蔵されている「受電側コイル」に、電磁誘導で電力を送っている形になります

 

その為、MRIなどの強力な磁場を発生させる装置の近くに近づけるとiPhone内部のコイルが不具合を起こして壊れてしまうという情報が入ってきました

 

しかしここでさらに気になる情報が入ってきてMRIを新規で据付中でもiPhoneが壊れたという話が出てきたのです。MRIとは据付をしてから磁場を上げて使用するものなので据付の最中というのは基本的に磁場がないのでiPhone内部のコイルに異常を発生させることはありませんので、据付中にiPhoneの電源が落ちるというのはとても疑問が残ります

 

ヘリウムに触れてもiPhoneは壊れてしまう

アメリカ・シカゴにあるとある病院でEWさんは、新しく導入することになったGE社製のMRIの設置途中に、「携帯電話が動かなくなった!」という報告を病院職員から受けました。

 

EWさんはすぐに「MRIが何らかの電磁パルスを出しているのではないか?」ということが思い浮かび、調査を実施します

 

しかし、調査した結果、故障したのはiPhoneやApple WatchなどのApple製品だけで、Android端末には問題が起こらなかったことが判明しました。

 

故障した端末は、ACアダプターに接続しても充電できずに置物化してまったく反応しない多くの端末があったとのことです。

 

この奇妙なApple製品の突然の故障についてアメリカのインターネット掲示板では「MRIを冷却するために使われる液体ヘリウムによって引き起こされた可能性」が指摘されました。

 

そこでEWさんが設置されたMRIシステムを調べたところ、ヘリウム漏れが発見されました。

 

システム稼働によって通気された液体ヘリウムの総量は約120リットルで、そのうちどれくらいが建物内に侵入したかは不明でしたが、ヘリウムは気化すると体積が750倍に膨張するため、ヘリウムが原因ではないかと考えたEWさんはiPhone 8 Plusを高濃度のヘリウムにさらしたところ、iPhoneがクラッシュして無反応になることが確かめられました

 

そしてAppleの公式サイトでも以下のような注意文が出ています↓↓

『高濃度の工業用の化学薬品(沸点に近いヘリウムなどの液化ガス)のある環境にiPhoneを持ち込むとiPhoneが損傷したり、機能が損なわれる場合があります』

 

壊れたiPhoneが復活する

ここでヘリウムクラッシュによりiPhoneが使用できなくなった皆さんは直後にすぐに修理に出していませんか?実はこの現象で電源が入らなくなったiPhoneはiPhone内部のバッテリーが使い切ると再度電源が入るという事例も報告されています

 

しかしバッテリーが10%しか残っていない状況であればバッテリーがなくなるまでの時間は早いでしょうが100%バッテリーが残っている状態であれば全て使い切るまでにはそこそこの時間がかかってしまいますね

 

感想

iPhoneユーザーは世界中でかなりの人数がおり、その中で医療機関や研究機関に属している人も少なからずいるはずですし、私自身もヘリウムを取り扱う環境で仕事をする人間の一人です

 

そうした人たちでも最新のiPhoneを安心して使えるように今後の最新iPhoneにはそうした部分の改善点を期待したいですが、ヘリウム環境は普段の生活の中で触れる機会がない人がほとんどなので当分は先になってしまうかもしれないですね

 

最新のiPhoneはカメラ機能などの性能も向上して是非とも欲しいのですが、もしかしたら最新のiPhoneを買った直後にすぐ壊れてしまうかもしれないリスクを考えると携帯キャリアの変更も検討しなければいけないかなと思ってしまいます

 

現時点でヘリウムに弱いのはApple製品のみという話なのでGalaxyあたりに変更をするのかどうか、、、

 

スポンサー広告




ABOUTこの記事をかいた人

埼玉在住のサラリーマンです。 出張が多いので全国各地を巡りながら観光スポットを巡ったり御朱印もらいに行ったりして楽しんでます! 趣味は漫画・サッカー・映画・旅行で最近の休日は子供と遊ぶスポットを探している一児のお父さんでもあります。