【新米パパ】1歳の子供と遊ぶ!八景島シーパラダイスを全力で楽しむ方法

スポンサー広告




こんにちわ!

先日、1歳の息子と妻と一緒に八景島シーパラダイスに遊びに行ってきました。

ちょうど平日に休みが取れたので人が少なくて、快適に遊ぶことができて子供も私も満足です。

 

 

そんな八景島シーパラダイスの様子を少しご紹介します。

 

チケット購入

アクアリゾーツパス

今回は4つの水族館(アクアミュージアム・ドルフィン ファンタジー・ふれあいラグーン・うみファーム)に入ることができるアクアリゾーツパスを事前にWEBで購入していました。

※.うみファームはリニューアル工事の為、7月中旬より再開されます。

 

券種 料金
大人・高校生 3,000円
シニア(65才以上) 2,500円
小・中学生 1,800円
幼児(4才以上) 900円

 

赤ちゃんがいるのでアトラクションに乗るつもりはなかったし、水族館のみでいいと思ってこのパスにしました。アクアリゾーツパスは特に前売り券で安くなるということはないので当日購入しても全然いいと思いますよ。

 

海の生き物が近くで見える

アクアミュージアム

チケット売り場からすぐのアクアミュージアムから行ってみます。

息子は初めての水族館なので最初は少しと戻っていましたが、すぐにテンションが上がって大はしゃぎしていました。

 

 

入り口すぐのところでシロイルカの銅像と写真と撮るサービスをしています。

購入すると1枚1,300円で購入しなくても小さいカード見たいな写真はタダでくれるので写り次第ですがそこで無理して写真を買わなくてもいいのかなって感じです。

 

水槽に入ったお魚さんを見て嬉しそうにしているのをみると連れてきてよかったなって思えますね。

 

 

このアクアミュージアムでは魚の他にもペンギン、しろくま、ウミガメ、セイウチなど海でくらす動物たちも見ることができます。

とても距離が近くに感じることができて動物たちもこちらのリアクションに反応してくれることもあるので子供も喜ぶとこと間違いなし。

 

ペンギンは素早い泳ぎで水槽の中を端から端まで泳いでいるので迫力があります。

たくさんいるのでお気に入りのペンギンを探すのも楽しいかもですね。

 

ウミガメも距離が近いしよってきて手までふってくれました。

ディズニランドのタートルトークで登場するカメみたいですね。

 

新米パパ
アクアミュージアムの中にある水槽では時間ごとにイベントが開催されています。特にしろくまのエンリッチメントは人気があり、そのタイミングでしろくまの水槽前に人が集まるので逆に他の水槽をゆっくり見るチャンスです。私はそのタイミングでセイウチとペンギンの水槽に子供を連れて行きました。アトラクションの時間は八景島シーパラダイスのホームページでチェックできるので確認してからいくことをオススメします。

 

癒しの空間で心が澄んでいく

ドルフィンファンタジー

イルカを本当に近くで見ることができるドルフィンファンタジーは子供よりも大人の方が楽しんじゃってましたね。

アーチ型の水槽の中を泳いでいるイルカを見ていると心が癒されます。

 

 

今ならバンドウイルカの親子が見られます。

お母さんにべったりくっついて泳ぐ子供いるかを見ていると自分の子供とリンクして見えてしまうので余計に可愛く見えちゃいますよ〜ww

 

 

ドルフィンファンタジーの中にはマンボウがいる水槽もあるんですよ。

ゆったり泳いでいるマンボウは大きな見かけとは裏腹に実はストレスにものすごく弱い魚なんですね。

 

実際に触れられるスポット

ふれあいラグーン

ふれあいラグーンでは海の生き物たちと直に触れ合うことができる場所です。

WEBの事前予約で色々なプログラムに申し込むことができて、実際にイルカなどに触れ合うことができるんです。

私たちはシロイルカのおでこにタッチというイベントに申し込んでシロイルカのおでこにタッチしました。息子は最初は怖がっていましたがシロイルカのブヨブヨのおでこの感触に不思議そうな顔をしてました。

 

新米パパ
基本的にプログラムの時は携帯電話での写真撮影はできないのでスタッフの人が撮った写真を後から自分でチェックして購入するかどうか決めます。データ付きの写真にするか単品の写真1枚にするのかで価格は変わりますがデータ付きにしても300円ほどしか差がないのでデータ付きの方が後から見返す時や携帯でも保存できていいと思いますよ。

 

赤ちゃん連れならここもオススメ

あそんべんちゃあ

あそべんちゃあは八景島シーパラダイスの敷地内にある全天候型の屋内遊戯場です。

7ヶ月〜9歳までの子供が主な対象で室内は空調が効いているので快適な上に、広くてたくさんの遊具が置いてあります。

 

 

あそんべんちゃあは本来なら200人規模で人が入れるのですが、いまはコロナの渦中なので半分の100人までに規制されています。

私は平日に行ったので親子が3〜4組くらいしかいなかったのでどの遊具もほぼ貸切状態で使用できましたww

 

 

床にはマットが敷いてあり転んでもいたくないので子供も安心ですね。

ジャングルジムや滑り台、トランポリン、知育遊具、いろいろなおもちゃがあるので動きたい盛りの子供には最高な環境だと思います。

 

うちの子も正直水族館よりもこっちの方が楽しんでいたようにみえました

やっぱり自分で動かないと満足できないお年頃なんですかね~(*^_^*)

 

対象年齢

7ヵ月~9才

こども 7ヵ月~9才(7ヵ月未満のお子さまは入場無料)
利用時間90分:1,500円(1,400円)
利用時間延長30分:500円
おとな 20才以上
利用時間90分:600円(500円)
利用時間延長30分:無料

 

 

新米パパ
【あそべんちゃ】は最終受付が15:30で17:00に営業終了です。私は今回は水族館のあとにあそべんちゃに行ってみようとしていましたが受付時間が終わってしまっていたので横浜に宿泊して2日目にあそべんちゃで遊びました。結果的には宿泊してよかったと思っています。だって水族館をみてまわって、そのあと遊んで帰ったらもう息子も私もくたくたで帰りの運転も危ないし、せっかく楽しい遊戯場なら子供も元気いっぱいで遊んでほしいから2日目の体力が満タンな時に遊ばせてあげれてとても喜んでました。

急遽でしたが宿泊するホテル選びのポイントにしたのは1歳の子供がいるので和室がある部屋が空いているかどうか!というところでしたが、ルパルク横浜というホテルは和室が対応してあり、部屋の中も広かったので快適に泊まれて2日目も元気に遊ぶことができてよかったです。中華街エリアから八景島シーパラダイスまでは車で20分ほどで朝に山下公園を散歩したりできてお勧めです。

 

スポンサー広告




ABOUTこの記事をかいた人

埼玉在住の33歳サラリーマンです。 今年に入り痛風となってしまたので最近は食事と運動に気を使い細々と生活するようになりました。 趣味はゴルフ、フットサル、ジム通い、マンガ鑑賞です。ゆるい情報を発信していくので少しでも皆さんのお役に立てば嬉しいです。