【オススメ漫画】遠距離結婚だけどなんだかすごく羨ましくなるお話です

スポンサー広告




今回オススメする漫画「焼いてるふたり」は遠距離での結婚生活を描いた漫画です。

この漫画は遠距離での結婚生活の他に美味しそうな料理が登場するシーンも見どころですよ。

 

 

あらすじ

出会いはマッチングアプリ!?

結婚したいけど出会いがないと嘆く福山健太は職業システムエンジニアの30歳。

友人の勧めでマッチングアプリに登録したはいいけれどすっぽかしに合う辛い日々を送っていた。

そんなある日、マッチングアプリで会う約束をしたけど待ち合わせ時間になっても一向に相手の女性が現れないのでまたすっぽかされたと落ち込みお店を出ようとする健太の目の前に会う約束をしていた女性の山口さんが現れた。

山口さんは職業が広告デザイナーでバリバリのキャリアウーマンでしかも見た目もハイスペックで「なんでマッチングアプリなんか?」って言いたくなるような人だった。

 

惹かれ会う2人

最初の出会いで2人が行ったお店がまさかの焼肉店!!!

お肉と火を見るのが好きな健太でしたが、山口さんを相手に完全にお店選びを間違えたと落ちこみ、これまでのマッチングアプリでの失敗談を語っていくのですが、山口さんはそんな健太に優しく接してくれました。

 

いきなりの急展開!!

最初の出会いから少しづつ連絡をとり距離が縮まっている二人でしたが健太が浜松への転勤を命じられてしまいます。

仕事だからしょうがないと割り切る健太は山口さんになんて言おうか迷っていました。

そして結局なんて送るか考えがまとまらないまま時間だけが過ぎていったある日、山口さんが音信不通になった健太を心配して会社まで尋ねてきました。

そこで初めて健太は転勤のことを山口さんに告げここでお別れくらいの気持ちでいたのですが、山口さんからはまさかの一言が、、、

 

「私たち、結婚しませんか?」

 

一瞬なんのことかわからずに戸惑う健太は冗談ですよね?と山口さんに聞き返すが、山口さんは真剣な表情で淡々と気持ちを伝えます。

そして山口さんの真剣な気持ちを感じた健太は結婚という道を選択しました。

 

始まる2人の結婚生活

浜松と東京の間で始まった2人の遠距離結婚生活は週末に健太が住んでいる浜松に山口さんが行くというスタイルでした。

仕事が忙しく週末しか会いに来れない山口さんでしたが健太はそれを理解して週末だけでも楽しんでもらおうと自分の趣味でもある火を使った料理でおもてなししていきます。

そんな健太にどんどん惹かれていく山口さんは次第に最初の頃のクールな感じから徐々に変化していきます。

 

ここがオススメ!

マッチングアプリに夢を見たい

昨今はマッチングアプリで出会う人も少なくないですが、こうした出会いがあると思えるとなんだか試してみたくなりますね。

山口さんみたいなハイスペックでクールだけど実は可愛らしい部分もあるみたいな女性は最高ですし、健太みたいなぼんやりしてそうだけど真面目で気遣いができてしかも料理がうまい男子っていうのもなかなかの高案件だと思います。

 

火を使う料理っていいよね

健太が火を見るのが好きという前振りがあっただけあってBBQ的な料理シーンが多いです。

自分の家の庭でBBQしながらワイワイやるのって楽しそうですよね。

これを見ると地方の田舎に家を持つのも”あり”な気がしちゃいます。

 

遠距離での夫婦生活

最近は別居婚なる言葉もあるくらい一緒に住まないで生活する結婚スタイルもありますね。

お互いの仕事の仕方など合理性を求めるとそういう形もあるのかなと思います。

どちらの仕事も尊重できていて週末という貴重な時間を大切にできているというのがまぁ漫画っぽいですが羨ましいですね。

 

気になる今後の展開

ふたりの遠距離結婚生活は今後どうなっていくのか、ふたりは夫婦として本当に上手くやって行けるのか気になりますよね。

実はふたりの登場人物の他にも気になる展開を生んでくれるキャラクター達が登場してそこからおもしろそうな話になっていくのでそこも見どころです。

 

スポンサー広告




ABOUTこの記事をかいた人

埼玉在住のサラリーマンです。 出張が多いので全国各地を巡りながら観光スポットを巡ったり御朱印もらいに行ったりして楽しんでます! 趣味は漫画・サッカー・映画・旅行で最近の休日は子供と遊ぶスポットを探している一児のお父さんでもあります。