【オススメ漫画】マガポケで読める!転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます

スポンサー広告




今回はマガポケで連載されている漫画の中でも特に私の一押しの漫画を紹介します。

 

それは、、、、

 

【転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます】

最近は転生系の漫画が出すぎていてなかなか全部読めていないんですけど、これは面白くて毎週土曜日の更新を楽しみにしてるんです!

主人公が反則級に強くて魔術で無双する話なんですけど、リアルな戦闘シーンの他にキャラクターたちの小ボケが効いた表情もまた面白要素の一つです。

 

特に主人公のロイドは魔術以外の事にまったくといっていいほど興味が全然ないので、自分に興味がない話しを聞かされているときの顔とかいいんですよね~

 

 

あらすじ

前世は平民

主人公のロイドは元々は魔術が大好きなただの平民の男でした。

しかし貴族から魔術書を盗んだ疑いをかけられ最後は貴族の魔法に焼かれて死んでしまいます。

魔術が好きすぎるロイドは貴族の魔法で焼かれるその瞬間までその魔法の威力に感動しつつ、もっと魔術を極めたかったと後悔しながら最後を迎えました。

 

転生後は第七王子

貴族に焼かれたはずのロイドが次に目が覚めると自分が住んでいたサルーム王国の王族である第七王子に生まれ変わっていたんです。

王族に転生したロイドは魔術師にもっとも必要な資質である”家柄”を手に入れたことになります。

持ち前の魔術への探究心も全く失っていないロイドは強力な魔術師の資質と共に魔術を極めて行く事になります。

 

登場人物

シルファ

ロイド付きのメイドで王宮でロイドの世話をしたり剣術指南をしています。

元冒険者ギルドのA級冒険者で「銀の剣姫」と言われる剣の達人で超高速の剣技は魔人すらも凌駕するキレを有しています。

 

タオ

ロイドがたまたま潜ったダンジョンで出会ったB級冒険者で魔術とはまた違う技法「気功」を操る格闘家です。

ロイドは「気功」の力に感動して自らも取り入れていきます。

ちなみイケメン好きで変装魔術で変身したロイドに惚れてます。

 

アルベルト

サルーム王国の第二王子で王位継承権を持っている。

弟のロイドのことを気にかけており、ロイドに魔術の才能があると信じている。

自身も上位の魔術を操ることができ部下からの信頼もある優秀な人物です。

 

グリモワール

遥か昔にサルーム王国を滅亡寸前まで追いやった魔人でロイドが住んでいる王宮の書庫に封印されていた。

ロイドが封印を解いたことで表に出られるようになったがロイドの圧倒的な魔術を前にあえなく敗北してそのまま家来となる。

 

ディアン

サルーム王国の第四王子で鍛治技術を学ぶために留学していた。

ロイドが作り出した魔剣に興味を抱き自分の持つ鍛治技術と合わせることで強力な魔剣を作れるとロイドに提案して魔剣「ディロード」を作り出した。

言動とは裏腹に気遣いができる人物です。

 

【見所】

転生系の魔術無双ファンタジーの中でもこれは絵が綺麗で好きです。

コメディ漫画みたいなキャラクターのリアクションや、どんどん新しい魔術や特殊スキルを会得して手がつけられなくなるロイドの無双ぶりももちろん見所ですね。

敵も後半になればなるほど強くなって行きますがロイドの無双ぶりはそれをさらに上回ってきます。

スポンサー広告




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

埼玉在住のサラリーマンです。 出張が多いので全国各地を巡りながら観光スポットを巡ったり御朱印もらいに行ったりして楽しんでます! 趣味は漫画・サッカー・映画・旅行で最近の休日は子供と遊ぶスポットを探している一児のお父さんでもあります。