【青森カフェ】青森県のレトロなカフェ巡り!寒い場所で飲む温かいコーヒーは最高です

スポンサー広告




青森県の出張で気になるカフェを見つけたので行ってきました。

冬の時期の青森県は雪がすごくて移動するだけでも大変ですよね。

わたしが今回訪問したカフェは青森駅から近いところばかりなので駅周辺に車を停めれば歩いてもいける場所にあるカフェです。

なんだかお店のレトロな雰囲気が青森の素朴な雰囲気とマッチしていて落ち着きます。

 

青森駅近辺のレトロカフェ

ウィーン菓子シュトラウス

青森市にあるウィーン菓子シュトラウスはウィーン発祥のケーキ『ザッハトルテ』を食べることができるお店です。

お店の1階ではケーキの販売をしていて2階のサロンで実際にお茶をすることができます。

店内はまるで海外のカフェのような内装でお客さんが多いことから人気があるカフェであることが伺えました。

 

窓の外から雪を眺めながら美味しいケーキをいただくなんて冬の時期しかできないのでなんだか贅沢な気がしますね。

ここでケーキを食べていたらなんだか貴族になったような気分が味わえるお店だともいますし、こういうお店がある青森っていうエリアがなかなか奥深いです。

 

今回頼んだのはザッハトルテのセットとお店の一押しのカシスケーキです。

ザッハトルテはウィーンで食べたザッハトルテと遜色ないくらいの味でコーヒーとの相性もいいです。

カシスケーキは青森県内で取れたカシスを使用しているらしく味は酸味があり個人的にはかなり好きな味でした。

 

アクセス情報
【住所】
〒030-0801 青森県青森市新町1丁目13−21
【電話】
017-722-1661
【営業時間】
10:30〜17:30
【駐車場】
無し

 

喫茶マロン

こちらはレトロな雰囲気が特徴的なカフェ『喫茶マロン』です。

こちらも青森駅から徒歩でいけるくらいの距離にあります。

 

お店の入り口には昔ながらの懐かしいおもちゃが飾ってありました。

店内は昔の喫茶店を思わせる雰囲気でコーヒーの他にナポリタン、サンドイッチ、カレーといった昔ながらの喫茶店メニューも好評なようです。

 

テーブルに置いてあるランプ一つ撮っても絵になるなりますね。

窓際の席に座れたら雪景色を眺めながらまったりとコーヒーブレイクできますよ。

 

アクセス情報
【住所】
〒030-0803 青森県青森市安方2丁目6−7
【電話】
017-722-4575
【営業時間】
07:00〜17:00
【駐車場】
無し

 

お土産を買うなら青森駅

最後にお土産を買うなら青森駅がおすすめだよって言うのを紹介します。

特に食べ物系は持ち歩きが大変だし日持ちが気になるので事前に買っておくのが難しい物も多いですよね。

ケーキなどはお土産にしたいですが帰る日の前に事前に買っておくと言うのはなかなか厳しいと思いますが、青森駅では県内の名産物が一通り購入することができるので新幹線を利用する人は青森駅でお土産を買うことをお勧めします。

今回わたしが食べたウィーン菓子シュトラウスのケーキも青森駅でも買うことができます。

 

わたしはカシスケーキを購入しましたがザッハトルテも販売しています。

カシスケーキはお値段的には少々値は張りますが、お土産としてはグレードが高めで特別感があるのでかなり喜ばれると思います。

日本テレビの満天・青空レストランでも紹介されているので知名度もあると思うので家族へのお土産、恋人へのお土産、会社へのお土産にぜひ試して見てください。

 

スポンサー広告




ABOUTこの記事をかいた人

埼玉在住の33歳サラリーマンです。 今年に入り痛風となってしまたので最近は食事と運動に気を使い細々と生活するようになりました。 趣味はゴルフ、フットサル、ジム通い、マンガ鑑賞です。ゆるい情報を発信していくので少しでも皆さんのお役に立てば嬉しいです。